So-net無料ブログ作成
検索選択

中学2年終了 [日記]

あっという間に、中学2年生が終了してしまいました。
昨年の今頃、来年度は支援学級の移動をお願いしたいと要望を出して
ようやく3年生は、交流学級の隣に来るらしい
正直、こうならなければ、変更出来なかったかもしれない
そう思うと悔しい
まぁ、何が原因でこうなったかは、分からないが
移動も大変なのに、また1年生の棟に降りる苦痛。下級生からの視線が辛いって
大人は、強くなれ、きにするなと言うが、俺は無理なんだって
ただでさえ、仮病やズル休みだと言われるから、なるべくみんなと同じ様に生活して行きたいって
よく言ってたなぁ
隣に教室があると、気にせずに横になって、次の時間に参加できる
これを伝えるのに1年かかった
車椅子になってから、ちょっと割り切れるようになり、見た目での障がいより見えない障がいの方が大変だった


まだ入院中
在宅に帰る為の準備で、リハスタッフと相談員が自宅と学校の動線を見にきてくれるため、車の乗り方を指導、久しぶりの二人のドライブ
車の中では普通に話し、たわいのない会話が楽しかった。ハジも久しぶりの学校と自宅に帰れて嬉しいって
学校内で会う先生に愛想振り回し、自宅では、いつの間にか、ビデオ録画をしていた
うちはいいなーって
ハムスターの福ちゃんにもご挨拶

あっという間に帰宅する時間になってしまったが、帰り道はちょっと疲れモード
腰が痛い
腰まで痛みがなくなればいいのにとか
ハジからお母さんは心配しすぎって言われた
親だから心配はする。
また腕が麻痺したら、怖いし、動けなくなる事が怖いって
まぁ、難しい年頃だから…
不安だから、分からないから余計に心配になるんだって伝えたら、それは分かってるって返ってきた。
なぜお母さんばかりに言うのと聞いた事がある
その時、お母さんならなんか考えてくれる
お母さんも人間だから、余裕がないとあんたに冷たくあたるし、逃げたくなる

病気が病気だけに、不安で
なんとかなるさの気持ちでやっていかないと、潰れちゃう
まだ先は長いから…
Dr.から説明を聞きました。
きちんと説明をしてくれたから、なんでこうなるのか、なんで限定なのかの意味がわかった
追い出されるんじゃないって事が分かり、私も一歩踏み出せそうです。
ハジに優しく寄り添える余裕がでると、前進するんじゃないかなぁって




春休みに入るハジ、春休みが終わり大学が始まる娘、お母さんは一人になる時間が多くなります。
帰る為の準備をすすめないとですね


春がもうそこまで
桜は一人で見にいこうかなぁ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る